ページの先頭へ

お役立ち情報

「小規模事業者持続化補助金」とは?

日本商工会議所が実施する小規模事業者向けの補助金です。本制度は、小規模事業者が自社の経営を見直し、自らが持続的な経営に向けた経営計画を作成した上で行う販路開拓や生産性向上の取組を支援する制度です。商工会議……続きを読む

事業再構築補助金とは?

2022年6月9日(金)に、「事業再構築補助金」(第5回公募)の採択結果が発表となりました。第6回公募は、2022年6月8日(水)~6月30日(木)が申請期間となっています。2022年度は、約6,123億円の補正予算案で事業継続……続きを読む

中小企業の税制優遇とは

中小企業が設備投資を行う場合、税制上の優遇措置として、①中小企業経営強化税制、②中小企業投資促進税制があります。税制の背景には、生産性を高める設備投資を後押ししたい国の狙いがあります。……続きを読む

工場・倉庫の最適な土地探し方法とは

工場・倉庫の建設で最も重視すべきは価格(事業所の賃料、土地の賃料、建物・土地の購入費など)です。次いで、企業が重要視すべきポイントが立地です。工場・倉庫出店の関連法に適合した地域であることや……続きを読む

健康経営のための工場・倉庫づくり

「健康経営」とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。経済産業省の「健康経営優良法人」や(財)日本次世代企業普及機構の「ホワイト企業認定」、公益企業IWBIの「WELL認証制度」などの登録により……続きを読む

倉庫工場建設をご検討の皆様!
2022年度 事業再構築補助金の継続が決定!

2021年度の採択事例では、早期の事業計画づくりや認定支援機関との連携によって、数千万円の補助金を活用し計画を進めている会社が数多くあります。2022年度の事業再構築補助でも、……続きを読む

「危険物倉庫」の今後の市場性と事業者の“生の声”とは?

屋内貯蔵庫は、全国に約4.9万棟(2019年統計データ)ありますが、2012年から8年間で1,799棟減少しています。危険物施設全体では、1985年約61.3万棟をピークに減少し続け、2019年は……続きを読む

2022年度 事業再構築補助金の継続が決定!
倉庫工場建設をご検討下さい!

2022年度の補正予算案にて、事業再構築補助金は約6,100億円で継続することが決まりました。中小企業で最大1億円の補助額があり、建物の建設費、 建物改修費、撤去費が補助対象経費に……続きを読む

工場・倉庫のお悩みを解決する「建物診断」とは?

建物・設備の劣化は、大きく3つに分けられます。①物理的劣化:建物の躯体、内外装、設備の劣化など②機能的劣化:工場・倉庫の使い方など入居者のニーズの変化③社会的劣化:法規制や……続きを読む

プレハブ建築・プレハブ倉庫の魅力とは?

プレハブ建築とは、工場であらかじめ部材を製造して現場で組み立てる建築工法です。以前は、「安かろう、悪かろう」というイメージが強いプレハブ建築でしたが、最近では、……続きを読む

HACCP(ハサップ)とは?~食品工場・倉庫建設に関して~

HACCPとは、アメリカで始まった食品製造の安全性確保の管理手法です。食品に関わる全ての事業者が、HACCPの対象となります。2018年6月に、HACCP(ハサップ)義務化法が可決し、……続きを読む

補助金・融資情報を活用した工場建設・倉庫建築とは?

工場・倉庫に関する補助・融資制度は、国・県・市などで数多くあり、補助・融資額は数十万~数十億円規模まであります。市区町村の場合、①企業立地促進に関する補助金、……続きを読む

製造業におけるクリーンルーム導入とは?

クリーンルームでの運用の原則は、次の4原則です。①異物を持ち込まない ②異物を堆積させない ③異物を排除する ④異物を発生させない この4原則は、建築、設備、人、……続きを読む

工場・倉庫の「建物診断」とは?

「建物診断」には、建物の劣化 度合いを調査する「劣化診断」、建物の躯体や設備機器の耐震性を診断する「耐震診断」、建物のエネルギー消費量を評価する「省エネ診断」などがあります。……続きを読む

システム建築とは

システム建築とは建物を構成する部材を『標準化』することにより、『建築生産トータル』を『システム化』し、『商品化』した建築です。 工場・倉庫・物流施設・店舗・最終処分場等に適した建築工法で……続きを読む

システム建築の考え方

システム建築とは、非住宅の工場・倉庫・店舗・スポーツ施設などの建築物の部材を標準化し、形状をモジュール(規格化された部材によるひとかたまりの構成要素)化して建築物の工業化を目指した、新しい建築……続きを読む