ページの先頭へ

工場・倉庫の「建物診断」とは?

「建物診断」には、建物の劣化 度合いを調査する「劣化診断」、建物の躯体や設備機器の耐震性を診断する「耐震診断」、建物のエネルギー消費量を評価する「省エネ診断」などがあります。
「建物診断」費用は、60~150万円が相場です。診断期間は約2ヵ月、1級建築士などの資格者が診断を行います。
「建物診断」の結果、不適合箇所が見つかった場合は、建物・設備の改善が必要となります。
診断後の改修等で失敗しないポイントは、本業の経営に投資を回すために、建物・設備にかける投資やトータルコストをできる限り抑えることです。
補助金活用や生産ライン改善は、トータルコスト削減のポイントです。
ぜひ、皆さまも「建物診断」をご活用下さい!