ページの先頭へ

プレハブ建築・プレハブ倉庫の魅力とは?

プレハブ建築とは、工場であらかじめ部材を製造して現場で組み立てる建築工法です。
以前は、「安かろう、悪かろう」というイメージが強いプレハブ建築でしたが、最近では、品質を高め耐久性に優れた商品も登場しています。

建築工法では、木造、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC造)などがあります。
その中でも、軽量鉄骨(厚さ6mm以下の鉄骨)を使ったプレハブ建築は、低価格な建築工法と言えます。
現場では、部材を組み立てるだけなので、工期も短い点も特徴です。
お客様の悩みごとであるコストとスピードを解決するプレハブ建築は、お客様満足度の高い建築と言えます。
プレハブ建築の現地見学に参加したお客様からは、実際の建物を見て建築を決めたという方も多いようです。
予算やスケジュールの条件を満たした上で、「欲しい建物のイメージと近かった」といった点が選定の理由です。
在来建築と変らない仕上がりも魅力で、設計の自由度も高く外壁デザインなども自由に選ぶことができます。
一方で、操業から数か月を経過して、天井・壁面・床面の断熱性能や間仕切り壁の遮音性能、床面のたわみなどが気になるという声もあります。
対策としては、内部仕様で断熱材を厚く設置する、床面にコンクリートを打設してたわみ防止するなど、建物グレードを上げて未然防止策を実施しておくことをおすすめします。
お客様に満足いただける建物として、ぜひプレハブ建築もご検討いただけますと幸いです。