ページの先頭へ

HACCP(ハサップ)とは?~食品工場・倉庫建設に関して~

HACCPとは、アメリカで始まった食品製造の安全性確保の管理手法です。食品に関わる全ての事業者が、HACCPの対象となります。
2018年6月に、HACCP(ハサップ)義務化法が可決し、HACCPに沿った衛生管理の制度化は2020年6月に施行しました。2021年6月には、旧食品衛生法が廃止され、HACCPの完全義務化となりました。

2018年6月の食品衛生法の改正にともない、各自治体では、2021年6月の営業届出制度や営業許可制度の見直しの準備を進めています。食品関連事業者は、今後、見直し基準にいち早く対応していく必要があります。
HACCP認証には、①業界団体が認証するもの、②自治体が認証するもの、③民間企業が認証するものがありますが、国内でHACCP認証は統一されていません。
実際は、国際規格となるFSSC22000やISO22000、国内規格となるJFS-A、B、Cによって、食品安全の認証・規格が定められています。
食品関連事業者が認定を受ける食品安全の認証・規格によって、求められる運営レベルや建物の仕様も異なります。

食品関連の工場・倉庫を建築・改修する場合、建築基準法や消防法なだけでは無く、食品衛生法の施設基準が関係してきます。
エリアの保健所が、食品関連事業者から提出された設計図と現場を見比べ、施設基準の項目を満たしているか判定を行っていきます。
HACCPに対応した設計のご相談もお気軽にお問合せ下さい。