ページの先頭へ

製造業におけるクリーンルーム導入とは?

クリーンルームでの運用の原則は、次の4原則です。
①異物を持ち込まない       ②異物を堆積させない
③異物を排除する         ④異物を発生させない
この4原則は、建築、設備、人、空気、ユーティリティなどに対応させる必要があります。
製造工場では、安全で衛生的な原材料である場合、汚染の危険性は、作業環境と従事者に限定することができます。
製造工場における空気中の清浄度は、チリやホコリに付着して空気中に浮遊する微生物を製造工程で付着させないことが求められます。
異物混入の防止には、定期清掃・点検などの管理運営の取組みだけでは限界があり、ソフト・ハード両面で製品の安全性を確保していく必要があります。
このため、異物の発生源や伝達経路を把握の上、建物・設備(ハード面)のリニューアルが必要と判断される場合は、クリーンルームの導入を検討してみてはいかがでしょうか。
この4原則は、建築、設備、人、空気、ユーティリティなどに対応させる必要があります。
製造工場では、安全で衛生的な原材料である場合、汚染の危険性は、作業環境と従事者に限定することができます。
製造工場における空気中の清浄度は、チリやホコリに付着して空気中に浮遊する微生物を製造工程で付着させないことが求められます。
異物混入の防止には、定期清掃・点検などの管理運営の取組みだけでは限界があり、ソフト・ハード両面で製品の安全性を確保していく必要があります。
このため、異物の発生源や伝達経路を把握の上、建物・設備(ハード面)のリニューアルが必要と判断される場合は、クリーンルームの導入を検討してみてはいかがでしょうか。